report

体力や根性では、人生100年時代を乗り切ることはできません

松田悠玄

高校で登校拒否、フリーター、元月収13万円の工場派遣社員。2005年に起業、法人化。Wifiとノートパソコンで時間と場所を自由に決める働き方。起業17年目。

今の30代以上は、根性論を叩きこまれてきました

40代以上はなおさらです

例えば、小学校の時、真冬に短パンと半袖で登校してくる生徒がいたら、褒められていました

真冬に半袖短パンなんてすごいね~、という感じです

学校にはクーラーや冷房なんてまずありえませんでした

 

しかし、今は、クーラー、暖房は当たり前です

学校にパソコンやタブレットがある時代です

悪い意味で昭和時代の根性論に洗脳されている

柔道や空手で選手がコーチを公の場で訴えるという事件があります

パワハラ、モラハラだ、行き過ぎた指導だ!という主張です

昭和時代では、体育の時間や部活動、柔道、空手などでは、コーチや先生が生徒を殴る蹴るなんて当たり前でした

愛のムチだ、悔しさをばねにして生徒は伸びる

厳しいシゴキがあって強くなれる、という考え方です

学校教育でこれですから、会社でも当然行われます

例えば、新入社員歓迎会と言って、裸踊りをみんなの前でさせたり

大きな声で挨拶をさせたり

みんなの前で怒鳴ったり

悪い意味で体育会系の根性論がはびこっていました

人生100年時代では、ゆる~く、らく~に、かろやか~に働くことが大事

【写真は独りビジネスで、家でひっそりと独りで働く60代のクライアントのNさん】

若い時、20代、30代の時はまだいいですが、40代、50代で根性だ、努力だ、と言いながら働くと病気になります

60代以上ならなおさらです

昭和時代は、人生50年と言われていました

しかし、今は人生100年時代です

できるだけゆるく

できるだけらく~に

できるだけ頑張らずに短時間労働をする

それが人生100年時代には必要です

ストレスからうつ病などの精神病、無理がたたって、若年性アルツハイマーなどの病気になったりしてはいけません

 

ゆる~く

らく~に

かろやか~に、働く

それが、人生100年時代を生きるためには絶対に必要な事なのです

本気で学びたい方へ・・・

コンサルティング、自己投資、具体的な行動をご希望の方はこちらのページをご覧ください
コンサルティング、教材、マンツーマン、セミナー情報
本気で学びたい方はこちらをクリック!
  • この記事を書いた人

松田悠玄

高校で登校拒否、フリーター、元月収13万円の工場派遣社員。2005年に起業、法人化。Wifiとノートパソコンで時間と場所を自由に決める働き方。起業17年目。

© 2021 松田悠玄 公式サイト